Yuriko Miyake

Biography

Yuriko Miyake  was born in Hiroshima, Japan. She started dancing at the age of nine, studying jazz, modern, contemporary, Hip-Hop and ballet. By the age of 14, she began classical vocal training and included musical performances to broaden her horizons and develop her artistic capacity. Yuriko performed with Professional Dance Center in Tokyo as an ensemble member at a national festival in Japan. She came to the United States to pursue her career in 2003. Ms.Miyake performed and toured with the Ensemble in Virginia, Maryland, New York City, and Toronto, Canada, as well as in Taipei and Kaohsiung, Taiwan. She completed a Bachelor of Fine Arts candidate in Dance at Shenandoah Conservatory in Winchester, VA. Her own choreography adjudicated and selected by the dance faculty for performances in Shenandoah University. Yuriko moved to New York City and continued to work with Doug Elkins. In 2008, she started to perform with two other female dancers and direct a company, TONTON-BYOSHI. She has been putting out the show and performing in New York City, Upstate New York, and New Jersey area. In 2010, she directed, produced, choreographed, and performed her one man show, “The Puppet Train,” in NYC. She was also invited to perform “The Puppet Train” in Japan.  Yuriko was again invited to perform “The Puppet Train” in Japan. She made her debut in a major movie in Japan. Yuriko is the original cast in the world first stage adaptation of Hayao Miyazaki’s movie “Princess MONONOKE” by Whole Hog Theatre in London and Tokyo. She also narrates for commercials and films. Yuriko has started to appear feature films and short films. She played a second lead role in an si-fi action movie, ONIKA. As a performer, she enjoys sharing her love of the performing arts in any art forms with her audience. Yuriko has been pursuing her career in New York City.

三 宅 由 利 子  9歳で大竹ジャズダンス同好会にてジャズダンス・モダンダンスを習い始め、11歳に初めての舞台に立つ。以来、数々の舞台をメインキャストとして踏み、その表現力で観客を魅了し続ける。12歳の時に広島国体で、地元小学校カラーガード隊のリーダーとしてパレードに出演。13歳でバレエを習い始め、声楽などのクラシックなヴォイストレーニングも始める。14歳でミュージカルスクールに通い始め、「アラジン」メインキャスト、「オズの魔法使い」かかし役、「ピーターパン」ピーターパン役などで主役を務め、絶賛を受ける。15歳でヒップホップを始める。同年、プレ国民文化祭ダンスフェスティバルで厳選されたオーディションに通り、広島代表ダンサーとして舞台を踏む。16歳には、国民文化祭で同じく広島代表ダンサーとして東京へ特待生に選ばれ短期上京し、プロフェッショナル・ダンス・センターにて、その一員として広島で舞台を踏む。19歳で更に深くダンスを勉強する為、アメリカのシェナンドア大学に留学。大学在学中は、ダンスツアーチームに選抜され、ニューヨーク州、メリーランド州、バージニア州、ペンシルバニア州、カナダ、台湾など、アメリカ国内外問わずツアーを行う。更に、フライング・ダンスカンパニーでプロフェッショナルダンサーとして活動も行い、バージニア州やミゾウリ州でツアーを行い、大成功を収める。更にアルゼンチンタンゴ、アフリカンダンス、カポエラなども始める。振り付けた作品全てにおいて、講師陣からの評価は高く、正式な舞台で公演される。アメリカで一番大きいとされるアメリカン・ダンス・フェスティバル参加し、世界中から集まった400人以上のダンサーの中からオーディションで選抜され、舞台を踏む。成績優秀生徒の称号と飛びぬけた表現力とテクニックを称えられた賞受賞と共に大学卒業。その後、ニューヨークに移住し、2008年に、自らがディレクターを務めるパフォーマンスグループを結成し、ニューヨークを中心に公演を重ねる。2010年以降はソロアーティストとして単独公演をニューヨークはもちろんのこと、日本では、広島・福岡などで凱旋帰国公演も行う。同年、邦画「わっげんおっげん~女たちの都~」で銀幕デビュー。翌年、イギリス劇団ホール・ホグ・シアターによる、宮崎駿監督世界初舞台化許諾作品、英国版「Princess MONONOKE~もののけ姫~」ロンドン公演・日本公演に唯一の日本人キャストとして出演。自身のソロミュージカルの挿入歌で作詞作曲を手掛け、CDソロデビューを果たす。また、2014年には、パリミキのCMの楽曲提供・ナレーションも手掛ける。2015年春公開のドキュメンタリー映画「8 DAYS TRIP」のナレーションも務める。現在は、アクション映画を中心に、数々の映画作品にも出演。ニューヨークを中心に、ダンサー、シンガー、女優、モデル、ナレーター、MCとして幅広く活躍中。ネイティブなアメリカ英語とイギリス英語を使い分ける。「人生に涙と笑いは必要不可欠である」をモットーに作品を作り続けている。